是枝監督らベネチアで会見 「もやもやを楽しんで」

 ベネチア国際映画祭で記念撮影に応じる映画「三度目の殺人」の(左から)広瀬すずさん、役所広司さん、是枝裕和監督、福山雅治さん=5日(ゲッティ=共同)

 【ベネチア共同】世界三大映画祭の一つ、第74回ベネチア国際映画祭で5日、コンペティション部門に出品されている「三度目の殺人」が公式上映。上映前に是枝裕和監督と主演の福山雅治さんらが記者会見した。是枝監督は自身初の法廷劇で「弁護士が判決の後に感じる、あるもやもやを楽しんでいただけたらうれしいです」と語った。

 「三度目―」(日本公開9日)は、弁護士と殺人犯と被害者の娘が織りなす心理サスペンス。是枝監督は「ある弁護士から『法廷は真実を追求する場ではなく、利害を調整する場所です』と聞いたのが(製作の)きっかけです」と経緯を語った。

共同通信社 2017年9月5日 無断転載禁止