将棋王座戦、挑戦者の中村が先勝 第1局、185手で羽生王座破る

 将棋の第65期王座戦5番勝負の第1局は5日、仙台市で指され、挑戦者で先手の中村太地六段(29)が185手で羽生善治王座(46)を破り、先勝した。

 中村六段は初タイトルが懸かり、羽生王座は6連覇を目指す。

 第2局は19日、大阪市で行われる。

共同通信社 2017年9月5日 無断転載禁止