東京の企業 浜田で風力発電計画 最大12基 20年着工

 発電事業を手掛ける日本風力エネルギー(東京都)が島根県浜田市金城、弥栄両町などにかかる一帯に、最大12基(総出力5万4千キロワット)の風力発電施設の建設を計画していることが12日、分かった。2020年に着工し、早ければ22年に稼働の見込みで、市内で4件目の大規模な風力発電施設。今後、住民から騒音や環境などの面で懸念が示されることも予想され、市は、同社に十分な説明で住民の理解を得るよう求めている。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2017年9月13日 無断転載禁止