200年祭 不昧記念菓子政策へ一丸 国内外アピールへ

 松江松平藩7代藩主・松平治郷(号・不昧、1751~1818年)の没後200年に合わせ、来年開かれる「不昧公200年祭」に向け、松江市内の和菓子メーカー8社が記念菓子の制作委員会を立ち上げ、検討に乗りだした。菓子業界が一体となって節目の年を盛り上げ、茶所・松江の和菓子を広く国内外にアピールする。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2017年9月13日 無断転載禁止