NOK南部に工場2棟完成 100人雇用増 700人体制に

 自動車部品製造のNOK(東京都港区)が、鳥取県南部町原で進めていた子会社TVCの設備増強が完了した。エンジンの振動を低減する「トーショナルダンパー(TVD)」の製造拠点として工場2棟を新設。併せて100人を新規雇用し、既存従業員を含め計700人体制の山陰両県有数の工場規模となった。

 現地で13日に落成式があり、NOKの鶴正登会長兼社長や平井伸治鳥取県知事など約50人が施設の完成を祝った。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2017年9月14日 無断転載禁止