「魅力化」校に教員加配 島根県単独で検討

 島根県の鴨木朗教育長は13日、中山間地域・離島の県立高校で取り組む「魅力化・活性化事業」の実施校に対し、県単独での教職員の加配を2018年度予算編成で検討する考えを示した。校内で核となる専任教員の配置や、定数が限られていて開設できていない科目の解消などが狙い。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2017年9月14日 無断転載禁止