カラバッジョを世界で展示 フェンディと美術館が協力

 ローマのボルゲーゼ美術館=2015年6月(ANSA=共同)

 【ローマ共同】イタリアのフランチェスキーニ文化相は14日、同国のファッションブランド「フェンディ」とローマのボルゲーゼ美術館が3年間のパートナーシップ提携を結び、16~17世紀のイタリアの天才画家カラバッジョの研究機関を新設し、カラバッジョ作品を世界で展示する共同事業に取り組むと明らかにした。

 ANSA通信によると、フェンディは共同事業のために130万ユーロ(約1億7100万円)を拠出。イタリアでは財政難の自治体に代わり有名ブランド企業が文化遺産保護に取り組むケースが多く、フェンディはローマの観光名所トレビの泉の修復費用も支援した。

共同通信社 2017年9月15日 無断転載禁止