石見・石西 「アメリカはどこへ向かう~日米関係の行方」

会田 弘継氏
トランプ政治の今後は? 日米関係はどうなる!

【講 師】 青山学院大教授 会田 弘継氏

【演 題】「アメリカはどこへ向かう~日米関係の行方」


 山陰中央新報社の「石見政経懇話会」「石西政経懇話会」は、平成29年10月10日(火)・11日(水)に定例会を開催します。今回は、元共同通信社論説委員長で青山学院大教授の会田弘継氏に「アメリカはどこへ向かう~日米関係の行方」の演題でお話しいただきます。


 米の新政権発足から8カ月になります。職の喪失や所得格差の拡大など既成政治への不満を持つ中流層・労働者層の心を掴んで当選したトランプ氏が大統領に就任。直後から過激な言動を繰り返し、世界各国から注目される中「アメリカ・ファースト」政策が国民の支持を得る一方、排外主義的な政策などで政権への不信感も広がり、支持率は就任直後の40%台後半から現在は30%台にとどまっています。

 今回の講演では、大国アメリカの現状と今後の日米関係、暴走を繰り返す北朝鮮対策など目が離せない朝鮮半島情勢、ロシアや中国を中心に新たな段階を迎えた世界各国の最新情報を、豊富な米国取材経験と知識をもとにお話しいただきます。ご期待下さい。

   

<会田 弘継氏のプロフィール>

講師略歴 1951(昭和26)年、埼玉県生まれ。東京外語大卒業後、共同通信入社。ジュネーブ、ワシントン支局長、編集委員室長、論説委員長を経て現在、客員論説委員。日本記者クラブ理事も努める。専門は米政治・日米関係。「追跡・アメリカの思想家たち」など著書、論文多数。

                    (本会は会員制です)

■政経懇話会のページへ↓

http://www.sanin-chuo.co.jp/seikeikon/index.html

2017年9月15日 無断転載禁止