松江シティ 中国サッカーリーグ最終節 台風で延期

 台風18号の接近により17日から延期された第45回中国サッカーリーグ最終節で、首位三菱水島FC(岡山)の試合は24日に行われることになった。17日、同リーグから発表された。勝ち点2差の2位松江シティFCが代替日の18日の試合で勝った場合、逆転優勝の可能性が残り、優勝決定が24日までずれ込む。

 延期後の最終節は、松江シティが18日午後1時からホームの松江市営陸上競技場で3位SRC広島と、三菱水島は24日午前8時半から岡山県赤磐市の環太平洋大赤坂グラウンドで7位環太平洋FC(岡山)とそれぞれ対戦。松江シティが負ければ、その時点で三菱水島の優勝が決まる。

 最下位の米子元気SCは10月15日、勝ち点で並ぶ9位パナソニック岡山と、環太平洋大赤坂グラウンドで対戦する。

2017年9月18日 無断転載禁止

  • 47クラブ