首相、早期解散へ準備指示 民進も対応加速

 自民党役員連絡会に臨む二階幹事長(奥中央)ら=19日午前、東京・永田町の党本部

 自民党の二階俊博幹事長は19日午前の役員連絡会で、18日に党総裁の安倍晋三首相と会談した際に、早期の衆院解散を検討していると伝えられたと明らかにした。解散の時期について、首相は「国連総会から帰国後に決めるので、よろしくお願いしたい」と述べた。会合で二階氏は党公認候補の全員当選を目指すと表明。党内を引き締め、結束して準備を急ぐ方針を確認した。公明党も常任役員会で対応を協議。その後、山口那津男代表は記者団に「常在戦場の構えをどうするか検討し始める」と語った。

 民進党は前原誠司代表ら幹部が党本部に集まり、衆院選への対応を加速させることを確認。

共同通信社 2017年9月19日 無断転載禁止