首相、財政規律目標先送り 25日に解散と同時表明へ

 安倍晋三首相

 安倍晋三首相は、2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化する財政健全化目標を先送りする方針を固めた。25日に記者会見を開き、28日召集の臨時国会冒頭に衆院を解散する意向を示すのに合わせて表明する方向だ。全世代型の社会保障制度改革に伴う措置と位置付ける。看板政策「人づくり革命」推進へ17年度補正予算編成も検討する。政府関係者が19日、明らかにした。財政規律が緩む恐れがあり、野党が反発するのは必至で、衆院選で大きな争点となりそうだ。

 首相は国連総会出席のため米国を訪問中で、22日夜に帰国する。

共同通信社 2017年9月20日 無断転載禁止