漫画「浮浪雲」が最終話 秋山さんの語録も掲載

 「浮浪雲」の最終話が掲載された「ビッグコミックオリジナル」の最新号

 漫画家ジョージ秋山さん(74)の代表作で44年続いた「浮浪雲」の最終話「神隠し」が、20日発売の小学館発行の漫画誌「ビッグコミックオリジナル」最新号に掲載された。1973年に連載が始まった物語は、計1039話で幕を下ろした。秋山さんの「語録」も掲載され、完結を受け「長い旅だった…」とした一言も紹介した。

 「浮浪雲」は幕末の東海道・品川宿の問屋場の主人「浮浪雲」が活躍する時代劇。自由気ままな遊び人ながら義侠心もある主人公を軸に市井の喜怒哀楽を描き、さらりと語る人生訓も好評だった。

共同通信社 2017年9月20日 無断転載禁止