自民公約に9条改憲案 「議論紹介」と保岡本部長

 安倍晋三首相が28日召集の臨時国会冒頭にも衆院を解散する意向であることを踏まえ、自民党は20日、憲法9条に自衛隊を明記する案を含め、改憲4項目を公約に盛り込む方向で検討に入った。保岡興治・党憲法改正推進本部長は記者団に「議論の状況を(公約で)紹介したらどうかと思っている」と明らかにした。

 民進、共産、自由、社民の野党4党は20日午後に幹事長・書記局長会談を国会内で開く。早期解散は国会軽視だとして政府、与党に抗議する方針で一致する見通し。小池百合子東京都知事の側近、若狭勝衆院議員は20日午前、国政新党から衆院選で数十人以上の候補者を擁立する考えを示した。

共同通信社 2017年9月20日 無断転載禁止