女子ログ 御朱印

 信心深い方ではないが御朱印を頂くのは好きだ、と書くと怒られそうである。

 言い訳をさせていただくと、めったやたらに集めているわけでも、それ目的に出掛けているわけでもない。参拝してすてきだと思ったり、心に残ったりした所で御朱印を頂くようにしている。

 御朱印とは神社やお寺などで、参拝者向けに授与される印章や印影のこと。墨書きのそれらは目の前で書いていただけることも多く、流麗な文字にため息が出そうになることがある。印章や印影の他に書いてある文字の意味をゆっくりと調べてみるのもまた楽しみの一つだ。

 なにより、ぱらぱらと御朱印帳をめくっているだけでその神社やお寺のことを思い出して癒やされ、背中をただされるような気持ちになる。私にとってお札やお守りのようなものだ。

 昨今はブームも相まって、御朱印が頂きやすくなったように思う。昔はどこで頂けるのか、そもそもここの神社やお寺に御朱印があるのかすら調べても分からないこともあった。今は社務所の窓などに「御朱印はこちら」と、書いてある所も多い。そして山陰には神社仏閣が多いからか、御朱印を書いていただく「御朱印帳」の専門店もある。

 暑さが和らいできた今日この頃。また御朱印帳を携えて、日々健やかに過ごせるお礼を言いにお出掛けしようかな。

(安来市・ふかみどり)

2017年9月20日 無断転載禁止