石見銀山 たんけん隊 <13時間目>

 江戸(えど)時代に入ると、形や重さを統一(とういつ)した銀のお金が造(つく)られるようになったよ。石見(いわみ)銀山の銀も貨幣(かへい)に加工され、全国で使われたよ。

    ※      ※    

形など統一(とういつ)し銀(ぎん)をお金に

 先生 徳川家康(とくがわいえやす)は全国を統一(とういつ)すると、約650年ぶりに国家で貨幣を発行するんだ。

 しおり それまではどうだったの?

 先生 中国から輸入(ゆにゅう)した銭(ぜに)がお金の中心だったよ。それが石見銀山の発見をきっかけに国内の金銀山の採掘(さいくつ)が活発になり、金や銀もお金として使われ始めたんだ。

 さとる 石見銀山でも製錬(せいれん)した銀が貨幣に加工されていたよね(=写真1)。

 しおり 葉っぱのような形をしてたわ。

 先生 他の地域(ちいき)では、丸形やひし形があったり、1枚(まい)の貨幣に含(ふく)まれている銀の量が違(ちが)ったりしたんだ。

 さとる 銀ははかりで重さを量って使ったんだよね。

 しおり 今のお金みたいに見た目ですぐ分からないから計算が大変そう。

 先生 だから家康は大きさや重さ、銀を含む割合(わりあい)などをそろえた貨幣を造らせたよ(=写真2)。江戸や京都にあった、貨幣を造って発行する場所は「銀座(ぎんざ)」と呼(よ)ばれたんだ。

 しおり 東京の銀座の地名はその名残(なごり)ね。

 さとる ということは、江戸時代になると銀山では貨幣が造られなくなるの?

 先生 そうなんだ。銀山の銀は、毎年11月頃(ごろ)に京都の銀座へ輸送(ゆそう)されて、そこで貨幣になるんだよ。

 さとる 鞆ヶ浦(ともがうら)(大田(おおだ)市仁摩(にま)町)や温泉津(ゆのつ)(同市温泉津町)の港から運ぶの?

 先生 尾道(おのみち)(広島県尾道市)の港まで、約130キロを3泊(ぱく)4日かけて馬や牛が運ぶんだ。

 しおり 尾道からはどうするの?

 先生 尾道からは船に積んで、港を経由(けいゆ)しつつ大坂まで運び、そこから京都や江戸へ輸送したよ。

 しおり 瀬戸内海(せとないかい)は波も穏(おだ)やかだから安心ね。

 さとる 石見銀山の銀が銀座で貨幣に生まれ変わり、全国に出回っていたんだね。

=もっと知りたい= 銀貨のデザインは?

 海にすんでいるナマコのような形で「丁銀(ちょうぎん)」と呼(よ)ばれたよ。丁銀には貨幣(かへい)を造(つく)る責任者(せきにんしゃ)・大黒常是(だいこくじょうぜ)の名前にちなみ、七福神(しちふくじん)の大黒(だいこく)さんの姿(すがた)と、「常是」「寶(たから)(宝)」の文字が刻(きざ)まれていたよ。

・石見銀山資料館(しりょうかん)学芸員・藤原雄高(ふじはらゆたか)

2017年9月20日 無断転載禁止

こども新聞