自民・谷垣氏が衆院選不出馬意向 首相、幹事長にも伝達

 自民党の谷垣禎一前幹事長

 自民党の谷垣禎一前幹事長(72)=衆院京都5区=は20日、次期衆院選に出馬しない意向を固め、党京都府連に伝えた。周辺議員を通じ、安倍晋三首相や二階俊博幹事長にも伝達した。関係者が明らかにした。政界引退となる可能性があるが、慰留の動きもあり、府連などで今後の対応を協議する。谷垣氏は幹事長を務めていた昨年7月、趣味のサイクリング中に転倒して頸髄を損傷。その後は病院で療養を続け、公に姿を見せていなかった。

 首相は28日召集の臨時国会冒頭に衆院を解散する考えで、衆院選は来月22日投開票を軸に調整が進んでいる。

共同通信社 2017年9月20日 無断転載禁止