民放連会長「時期ありき」批判 NHK方針に

 民放連の井上弘会長は21日の定例会見で、NHKが放送番組のインターネット常時同時配信に関し、ネットのみの視聴には費用負担を求めない形で2019年度の開始を目指す方針を示したことについて「五輪があるから19年というスケジュールが先に来ている気がする。同時配信の意義を明瞭に説明しないと、おかしい」と批判した。

 NHKは20日の総務省有識者検討会で方針を表明した。井上氏は「(ネットは)放送の補完との位置付けは、われわれが前から主張していたので、そういう意味では進んだ」と評価。一方で「ネットをNHKはどう考えているかを、きちんと示してほしい」と注文を付けた。

共同通信社 2017年9月21日 無断転載禁止