朝鮮半島の緊張回避を要求 韓国大統領、国連演説で

 米ニューヨークの国連本部で一般討論演説を行う韓国の文在寅大統領=21日(聯合=共同) 米ニューヨークの国連本部で韓国の文在寅大統領の演説中にメモを取る北朝鮮代表団=21日(聯合=共同)

 【ニューヨーク共同】韓国の文在寅大統領は21日、米ニューヨークの国連本部で、5月の就任後初となる国連総会の一般討論演説を行った。文氏は北朝鮮が6回目の核実験を強行し「われわれ全員に、言い知れぬ失望と怒りを抱かせた」と強く非難した。一方で北朝鮮への軍事的選択肢を排除しない米政権も念頭に、(朝鮮半島の)緊張を高める言動は自制すべきだとも強調した。

 文氏は演説で「過度に緊張を激化させたり、偶発的な軍事衝突で平和が破壊されたりしない」よう呼び掛け、「われわれは北朝鮮の(体制)崩壊は望まず、吸収統一も推進しない」との従来の立場を改めて強調した。

共同通信社 2017年9月21日 無断転載禁止