臨時国会の28日召集を伝達 首相、冒頭に衆院解散へ

 衆院議院運営委の理事会に臨む佐藤勉委員長(奥左)。中央は菅官房長官=22日午前、国会

 菅義偉官房長官は22日午前、衆参両院の議院運営委員会理事会で、臨時国会を28日に召集する政府方針を伝達した。政府は持ち回り閣議で召集を決めた。安倍晋三首相は所信表明演説をせず、臨時国会冒頭で衆院を解散する意向を固めている。民進、共産両党など野党は、所信表明演説や代表質問を実施しない冒頭解散に反発を強めた。

 民進党の理事は、抗議の意思を示すためこの日の理事会を欠席した。松野頼久国対委員長は国会内で記者団に「国会をないがしろにしている。加計学園や森友学園問題を封殺し、議論から逃げるための解散だ」と述べ、安倍政権を批判した。

共同通信社 2017年9月22日 無断転載禁止