島根スサノオ 「チャンピオンシップ出場」 B1開幕へ選手ら決意

B1昇格1季目のシーズン開幕に向けて意気込みを語る島根スサノオマジックの鈴木裕紀監督(前列左から3人目)=松江市千鳥町、ホテル一畑
 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の島根スサノオマジックが21日、松江市内で記者会見を開いた。今月末に迫る昇格1季目の開幕を前に、選手らが決意表明。12選手中9選手が新メンバーで、鈴木裕紀監督は連係面の課題を認めつつ「着実に成長している」とし、あらためて「チャンピオンシップ出場」(西地区6チーム中2位以上)の目標を掲げた。

 鈴木監督は会見で、1勝1敗で終えたプレシーズンゲームなどを踏まえ、守備の手応えを示し「攻撃を含め、より質を高めていきたい」と目標達成への決意をにじませた。

 B1中地区の新潟アルビレックスBBから今季加入した佐藤公威主将は、トップリーグの厳しい戦いをにらみ「シーズン中は浮き沈みがあるが、悪いときにはやるべきことを明確にし、みんなをまとめていく」と誓った。

 島根は9月30日、10月1日に新潟県長岡市で行われる新潟との開幕2連戦で、昇格1季目のレギュラーシーズン(全60戦)のスタートを切る。

2017年9月22日 無断転載禁止

  • 47クラブ