中国で北朝鮮口座を全面凍結 圧力強化に政策転換か

 中国遼寧省丹東市の中国銀行=22日(共同)

 【北京共同】中国の四大銀行である中国銀行や中国工商銀行などが、中国人民銀行(中央銀行)の指示を受けて、中朝貿易の約7割が通過するとされる遼寧省で北朝鮮の企業や個人が所有する口座を全面凍結したことが22日、分かった。複数の銀行当局者が共同通信に明らかにした。

 北朝鮮が3日に行った6回目の核実験を受けて採択された国連安全保障理事会の制裁決議を上回る厳しい措置で、中国による事実上の独自制裁といえる。北朝鮮経済に多大な影響を与えることは確実で、中国の自制要求にもかかわらず核・ミサイル開発をやめない北朝鮮に対し、習近平指導部が圧力強化の政策に転換した可能性がある。

共同通信社 2017年9月23日 無断転載禁止