北方領土の元島民、初の空路墓参 日ロ合意、悪天候で日帰りできず

 北方領土の元島民による初めての空路墓参で、チャーター機に乗り込む元島民ら=23日早朝、北海道・中標津空港

 北方領土の元島民による初めての空路墓参が23日、行われた。元島民と家族ら計68人が参加し、北海道・中標津空港からチャーター機で国後、択捉両島を訪れた。従来は船で移動しており、高齢化が進む元島民の負担を軽減するため4月の日ロ首脳会談で空路墓参に合意していた。日帰りの予定だったが、帰路の悪天候で北海道に向かえず、24日に戻る方向で調整している。

 政府は、空路墓参を北方領土との往来拡大の足掛かりとする狙い。当初6月に予定されていたが、国後島の濃霧で延期されていた。

 一行は元島民17人と家族ら。国後島では古釜布と近布内、択捉島では紗那と別飛の計4カ所で墓参した。

共同通信社 2017年9月23日 無断転載禁止