羽生結弦、今季初戦で2位 女子は三原舞依が2位

 優勝したハビエル・フェルナンデス(右)の金メダルを見つめる羽生結弦=モントリオール(共同) 男子フリーで演技する羽生結弦=モントリオール(共同) 2位となった三原舞依のフリー=モントリオール(共同)

 【モントリオール共同】フィギュアスケートの国際大会のオータム・クラシック最終日は23日、モントリオールで行われ、男子で今季初戦の羽生結弦は世界歴代最高得点を更新したショートプログラム(SP)首位で迎えたフリーでジャンプのミスが相次いで155・52点で5位にとどまり、合計268・24点で2位に終わった。

 世界選手権2度制覇のハビエル・フェルナンデス(スペイン)がフリー1位の合計279・07点で逆転優勝。

 女子でSP2位の三原舞依はフリーも2位となり合計199・02点で2位。ケイトリン・オズモンド(カナダ)がSP、フリーともに1位の合計217・55点で優勝。

共同通信社 2017年9月24日 無断転載禁止