吉田茂、平和賞の最終候補だった ノーベル研究所が資料開示

 ノーベル研究所が開示した1965年のノーベル平和賞選考の資料に含まれている吉田茂に対する推薦状=12日、オスロ(共同)

 日本の戦後復興や民主化に貢献したとしてノーベル平和賞候補に推薦された吉田茂元首相(1878~1967年)が65年の選考で最終候補に残っていたことが、ノルウェー・オスロのノーベル研究所が共同通信に開示した資料で24日までに確認された。貧困や労働問題に取り組んだ社会活動家の賀川豊彦(1888~1960年)も54、55、56年に最終候補だったことも記録されている。

 吉田や賀川が平和賞候補として複数回推薦を受けていたことは既に明らかになっていた。日本人の平和賞受賞は74年の佐藤栄作元首相だけで、2人ともこれより前に日本初の平和賞に近い立場にいたことになる。

共同通信社 2017年9月24日 無断転載禁止