長沢復興副大臣が辞任へ 公明、議員辞職願を提出

 長沢広明復興副大臣

 公明党参院議員の長沢広明復興副大臣(59)=比例代表=は26日、国会内で記者会見し、議員宿舎に知人女性を宿泊させたとして、参院議員の辞職願を伊達忠一議長宛てに提出したと明らかにした。これに先立ち公明党は常任役員会で、長沢氏の離党を了承した。副大臣も辞任する。

 山口那津男代表によると、週刊誌から党や長沢氏に取材申し入れがあった。井上義久幹事長が事情を聴取したところ、長沢氏は「軽率だった」として女性の宿泊や鍵の貸与を認めた。山口氏は「議員宿舎に原則として第三者を宿泊させてはならず、党としても看過できない。衆院選への影響は最小限にとどめたい」と強調した。

共同通信社 2017年9月26日 無断転載禁止