三江線資産譲渡 川本町一定区間に拡大 「個別」から転換

 島根県川本町は28日、官民でつくる三江線鉄道資産活用検討委員会を開き、JR三江線の石見川本、因原各駅周辺の一定区間について、JR西日本から無償譲渡を受ける方向で検討することを確認した。駅舎など個別施設の譲渡を求めていたが、JR西が、有償としていた一定区間の部分譲渡を無償とし、維持管理費の負担を検討するという新提案を行ったため。10月4日開会予定の町議会臨時会に諮り、JR西に回答する。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2017年9月29日 無断転載禁止