年金局長ら5人厳重注意 支給漏れ、機構も処分

 厚生労働省は29日、元公務員の妻ら約10万人に総額598億円の年金の支給漏れがあった問題で、現職や元職の年金局幹部計5人を口頭で厳重注意処分とした。同省によると、8段階ある処分のうち、2番目に軽い処分という。

 処分を受けたのは、現職の年金局長と年金管理審議官、過去に局長と同審議官を務めた現在の保険局長と大臣官房審議官(医療介護連携担当)、大臣官房長。

 日本年金機構も、水島藤一郎理事長ら役員3人を文書で注意処分。3人は自主的に月額報酬の10分の1を2カ月間辞退する。このほか中央年金センター長と年金記録企画部長の2人を訓告処分した。

共同通信社 2017年9月29日 無断転載禁止