女子ログ 父の退職

 今年に入って父親が退職した。

 父は、仕事が趣味!というような仕事人間で、いつもパワフルに働いていた。私は、そんな父から仕事をとったらどうなるのだろうと少し心配になった。それと同時に、入社してから数十年勤めた会社を離れる父の気持ちを想像して、なんとも言えない感慨深い気持ちになった。

 母いわく、父は体調不良などで会社を休んだことがないそうだ。帰宅が深夜になることも珍しくなかったし、出張で各地を飛び回ることも多かったので、決して楽な仕事ではなかったはずなのに。それでも当たり前のように毎日一生懸命に働いていた父を私は誇りに思う。

 就職するとき、転職するとき、父のアドバイスが何よりも心強かった。社会人になってから、いつも仕事の様子を気にかけてくれ、ささいな話でもいつも聞いてくれていた。

 いろんなことを考えると、なんだか私の方が泣きそうになってしまった。退職日当日は精いっぱいねぎらってあげようと、少しいいお酒とケーキを買って帰り、家族みんなで乾杯した。「大げさだなぁ」と言いつつも、うれしそうな父。再就職に意欲を燃やす父を、私も母も心から応援している。

 仕事の愚痴は言い出したらきりがないし、まだまだ社会人として未熟者の私だが、これからも父のように頑張って働こうと思った。

   (松江市・ほっとちょこ)

2017年9月29日 無断転載禁止