景況感が10年ぶりに高水準 大企業製造業、4期連続で改善

 東京都内の港湾施設=9月(ロイター=共同)

 日銀が2日発表した9月の企業短期経済観測調査(短観)は、大企業製造業の景況感を示す業況判断指数(DI)がプラス22となり、リーマン・ショック前の2007年9月調査(プラス23)以来、10年ぶりの高い水準となった。前回の6月から5ポイント上昇し4四半期連続で改善した。海外経済の回復が続き輸出が堅調で企業心理が上向いて、中小企業の全産業も26年ぶりの高水準。ただ先行きは、北朝鮮情勢や衆院解散に伴う国内政局の流動化が警戒され、大企業製造業は3ポイント下落のプラス19と悪化を見込んだ。

 企業の景況感が大きく改善した一方、家計には実感が乏しいとの見方は依然多い。

共同通信社 2017年10月2日 無断転載禁止