トヨタ、オーストラリア工場閉鎖 半世紀の歴史に幕

 トヨタ自動車のオーストラリア・アルトナ工場(同社提供、共同)

 【メルボルン共同】トヨタ自動車は3日、オーストラリア・ビクトリア州メルボルンにある現地法人のアルトナ工場を閉鎖し、約半世紀にわたる現地生産から撤退した。豪ドル高などで現地生産車は輸入車と厳しい競争を強いられていた。米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)系のホールデンもオーストラリアでの生産を今月終える計画。同国で自動車を生産するメーカーはなくなる。

 トヨタのオーストラリア現地法人は1959年に設立。63年から現地生産を始め、ピークの2007年には約15万台を製造した。

共同通信社 2017年10月3日 無断転載禁止