大山「頂上碑」崩落の危機 移設3案で対応協議

ロープが張られた頂上碑(右上)の背後。崩落が進み、丸太のくいが宙に浮いている
 国立公園・大山(1729メートル)の主峰の一つ、弥山(みせん)(1709メートル)にある「頂上碑」の背後で崩落が進むのを受け、大山町と「大山の頂上を保護する会」(会長・竹口大紀大山町長)は4日、頂上碑を移設する方針で一致した。事業主体は未定。今後、移設場所や時期など計画の具体化を進める。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2017年10月5日 無断転載禁止