インドチームが月探査車を公開 民間初の国際コンテストへ

 チームインダスの施設でデモ走行を行う探査車「ECA(イカ)」の模型。右は、日本の「HAKUTO(ハクト)」の探査車「SORATO(ソラト)」の模型=5日、インド・ベンガルール(共同)

 【ベンガルール共同】民間初となる月面探査の国際コンテストに参加するインドの「チームインダス」が5日、拠点を置く同国南部ベンガルールで、探査車の模型や制御室を報道陣に公開した。チームインダスは、コンテストに参加する日本チーム「HAKUTO(ハクト)」の探査車が相乗りする月面までの着陸船も開発しており、12月28日の打ち上げを目指している。

 チームインダスの探査車「ECA(イカ)」は4輪で、全長約60センチ。制御室からの無線によって、月面を模した砂の上で方向転換などの動作をした。ハクトの探査車「SORATO(ソラト)」も、デモ走行を行った。

共同通信社 2017年10月5日 無断転載禁止