導入拡大「IoT」 人手不足の解消や生産性向上の武器に

 あらゆる物をインターネットでつなぐ技術「IoT」(モノのインターネット)が、山陰両県の企業に普及し始めている。人手不足の解消や、「働き方改革」にも関係する生産性向上が大きな経営課題となる中、製造業をはじめ、さまざまな業種で導入が拡大。ビジネスチャンスと捉え、IoTを活用した製品を開発する動きも活発化している。新技術によって何が変わるのか。両県内で事例を追った。(10月10日付)

全文は「山陰経済ウイークリー」誌に掲載。

2017年10月10日 無断転載禁止