女性ゴルファー増へ 浜田で初心者講座 10月末初開講

県ゴルフ協会が県西部で初めてモニターレッスン講座を開く金城カントリークラブの練習場
 島根県ゴルフ協会が、女性のゴルフ未経験者や初心者を対象にモニターを募るレッスン講座を、10月末から約1カ月間、浜田市金城町今福の金城カントリークラブで開く。女性ゴルファーの拡大を目指して松江市で初めて開いた同講座が好評を得ているのを受け、県西部で初めて企画。レッスンプロから、上達への基本を教わることができる。

 講座は、10月末から週1回(計5回)の開講で、水曜日の午後と土曜日の午前の2クラスがあり、定員は各10人。金城カントリークラブの練習場で、レッスンプロの寺田茂次さんと上手喜博さんが、グリップの握り方からスイングの仕方など参加者のレベルに合わせて指導する。各クラスとも、最終回は同クラブのコースでラウンドする。受講料は1万1340円。

 県ゴルフ協会によると、県内のゴルフ愛好家の減少や高齢化を受け、女性ゴルファーを増やそうと、9月末から松江市法吉町の法吉ゴルフクラブで始めた初のモニターレッスン講座は、申し込み受付開始から4日間で定員30人に達するなど好評。取り組みを県西部にも広げようと企画した。

 県ゴルフ協会の渡部紀美事務局長(79)は「練習をしてコースに出ることで、ゴルフに興味を持ってほしい。松江、浜田に続いて、全県的に取り組んでいきたい」と話した。

 問い合わせは山陰中央新報文化センター益田教室、電話0856(22)7490。

2017年10月12日 無断転載禁止