全共上位へ年度内に戦略 島根勢 報告会で確認

 9月に仙台市で開かれた第11回全国和牛能力共進会に出品した島根県代表牛の成績報告会が12日、松江市内であった。出品者や関係者ら約70人が出席し、全9区分で優等賞入りの目標に届かなかった結果を踏まえ、5年後の次回大会に向け早期に対策に動き出すことを確認した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2017年10月13日 無断転載禁止