鳥取中部地震 住宅再建支援金を延長 申請7割にとどまる

 鳥取県の平井伸治知事は12日、県中部を襲った地震を受けて一部損壊を含む住宅の再建に支援金を出す制度について、申請期限を延長する意向を示した。見込み件数に対し、9月末までの申請件数が約1千件少なく、地震から1年で期限を迎える今月21日の完了が難しいため。市町村と調整し、21日までに延長の対象世帯や期限などを詰める。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2017年10月13日 無断転載禁止