萩・石見空港マラソン 滑走路3千人駆け抜け 雨の中声援力に

萩・石見空港の駐機場をスタートする選手たち
 空港の滑走路を走る「萩・石見空港マラソン全国大会」(益田市、同市教育委員会、同市体育協会主催)が15日、益田市内田町の同空港周辺のコースで行われた。ハーフマラソンや10キロ、2キロなど6種目に全国から約3千人が参加し、空港や海岸を駆け抜けた。

 空港の知名度を高めようと開き、10回目。ハーフマラソンと10キロの参加者は、真っすぐに伸びた2千メートルの滑走路を走った後、日本海を臨む持石海岸沿いを経て、同市高津町の県立万葉公園にゴールした。雨の中、沿道では多くの市民が声援を送った。

 1988年のソウル五輪女子1万メートル日本代表で、女子マラソンでも活躍した松野明美さん(49)がゲストランナーとしてハーフマラソンを走り、大会を盛り上げた。

 女子ハーフマラソン中学生~39歳の部に出場し、1時間24分34秒のタイムで優勝した松藤沙也佳さん(27)=山口県下松市=は「4回目の出場で、初めての雨だった。涼しくて楽しく走れた。沿道の声援がうれしかった」と笑顔をみせた。

 ハーフマラソンを完走した益田市立小野中学校3年、大賀成将さん(15)は「ゴール前の上り坂がきつかった」と汗をぬぐった。

2017年10月16日 無断転載禁止