変貌する若者の就労観

 理不尽に耐え、私生活を犠牲にしてでも組織に尽くし、立身出世を目指す─。仕事に対するこうした旧来価値に、現代の若者は冷ややかな視線を送る。「働きがい」は求めるものの、滅私奉公を嫌悪し、転職への抵抗感も少ない若者たち。そうした志向に、企業はいや応なく対応を迫られる。シリーズ企画「変わる働き方」の第7回は、変貌する若者の就労観と向き合う企業の姿を追う。(10月17日付)

全文は「山陰経済ウイークリー」誌に掲載。

2017年10月17日 無断転載禁止