松江シティ初の決勝へ 全国社会人サッカー

PK戦で市原FC下す

 第53回全国社会人サッカー選手権第4日は17日、福井県坂井市のテクノポート福井スタジアムで準決勝が行われ、松江シティFC(中国)がPK戦の末にVONDS市原FC(関東・千葉)を下し、初の決勝進出を果たした。

 松江シティはボール支配率で上回り、前、後半は計6本のシュートを放ったが、ゴールが遠かった。守備では前線からのプレスで相手の自由を奪い、決定機を与えなかった。

 PK戦では、松江シティが4人目までミスなく決める一方、相手が2本目を外し、4本目はGK船川航司朗が好セーブを見せ、勝利を引き寄せた。

 島根県サッカー協会によると、県勢が全国大会で決勝に進出するのは初めて。松江シティは今大会、日本フットボールリーグ(JFL)入りにつながる全国地域チャンピオンズリーグの出場権を獲得した。

 最終日は18日、同スタジアムで3位決定戦と決勝がある。松江シティは決勝で鈴鹿アンリミテッドFC(東海・三重)と対戦する。


 ▽準決勝

松江シテ 0 0-0 0 VOND

ィFC    0-0   S市原FC

(中国)   延 長  (関東・千葉)

       0-0  

       0-0

    (PK4-2)

2017年10月18日 無断転載禁止

  • 47クラブ