美郷園児が壁にチョーク絵 みさと本の森「読書週間」前に彩り

町立図書館のガラスにお絵かきする園児たち
 読書週間(10月27日~11月9日)に向け、美郷町粕渕の町立図書館「みさと本の森」で18日、壁やガラスに絵を描くイベントがあった。同町都賀西の都賀保育園の園児26人が、利用者に喜んでもらおうと思い思いの絵を描き、施設を華やかに飾った。

 園児たちは、簡単に消せる特殊なチョークを手に、お絵かきを開始。図書館前の通路の壁(縦約1メートル、横約10メートル)と入り口のガラス3面(縦約1メートル、横3メートル)をキャンパスに見立て、動物やアニメキャラクターの絵などを次々と描いた。

 お絵かきが終わると、壁やガラスがカラフルに彩られた。池永慧ちゃん(6)は「かわいいウサギが描けた。楽しかった」と笑顔で話した。

 イベントは、同図書館などが年間を通して取り組んでいる「しまね子ども読書フェスティバルinみさと」の一環。読書週間中の28日には、一般の子どもを対象に、同様のイベントを開くことにしている。

2017年10月21日 無断転載禁止