松江・美保関 海崎古墳群 伯耆地方系の石室確認

海崎古墳群で確認された竪穴系横口石室
 松江市は25日、同市美保関町美保関の海崎(かいざき)古墳群で、6~7世紀前半に造られたとみられる石室2基などを確認したと発表した。このうち1基は、鳥取県の伯耆地方に多く分布する竪穴系横口式石室で、島根半島東部と海を隔てた伯耆地方との交流や関係性の深さがうかがえるという。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2017年10月26日 無断転載禁止