レッツ連歌(下房桃菴)・10月26日付

(挿絵・Azu)
◎菓子箱を替えて仕分けのマス増やし

抜けた乳歯を入れて保存し   (松江)水野貴美子

◎旅先で見よう見まねの盆踊り

教えてくれた人がカアちゃん  (松江)田中 堂太

◎コンビニへ観光バスが列をなし

ニーハオシェーシェーまた来てごしない

               (松江)植田 延裕

隣の家もトイレ提供      (浜田)勝田  艶

◎突然のJアラートに腰が抜け

見渡すかぎり続く草原     (江津)岡本美津子

十人目だと医者は溜(た)め息(いき)    (松江)水野貴美子

◎花束を渡す大役引き受けて

ドキドキさせて落選の報    (雲南)錦織 博子

◎逃げてゆく猿見かけたと口揃(そろ)え

盗み食いした柿の木健在    (安来)足立 純枝

◎勇ましく勝ってくるぞと故郷(くに)を出て

島の人口半分になり      (松江)川津  蛙

◎魂胆を見抜いたママの知らぬ顔

言われなくてもするお手伝い  (江津)花田 美昭

◎還暦でやっと叶(かな)った二人旅

地獄めぐりは極楽極楽     (出雲)山下  好

◎コウノトリ母亡き里に放たれて

今日も多忙な少子化対策    (松江)岩田 正之

被り物脱ぎヒトに戻る日    (出雲)飯塚猫の子

◎ちょっとした段差に転ぶようになり

こんぴらさんは夢のまた夢   (益田)石田 三章

ためしてガッテン見てたはずだが(江津)岡本美津子

半額セールは目と鼻の先    (松江)山崎まるむ

蹴っ飛ばしたいロボット掃除機 (益田)石田 三章

失くした指輪こんなところに  (松江)土江 ユミ

◎駐車場たっぷり取れる過疎の町

付けて損したバックモニター  (益田)黒田ひかり

お葬式にも即時対応      (大田)福田 葉摘

できたコンビニすぐに撤退   (松江)加茂 京子

◎おばあちゃんさっきも顔を洗ってた

どうにかしたいシミにソバカス (出雲)原  陽子

デイで出会った初恋の人    (益田)石川アキオ

◎知っていることはなんでも話す叔母

意外な父と母の馴れ初め (埼玉・所沢)栗田  枝

所轄の刑事行列をなし     (浜田)放ヒサユキ

◎こらこらと目じりが下がるおじいさん

めくるページへタマがじゃれつき(益田)可部 章二

カミナリだった面影はなく   (飯南)塩田美代子

◎発車した後で気がつくバス旅行

ゆうべ預けた宿のお土産    (松江)野津 重夫

あれガイドさんどこへ行ったの (松江)持田 高行

◎返納を迫る息子の長電話

ウチにおいでの一言もなく (出雲)はなやのおきな

帰って来いのことば呑(の)み込む  (松江)高木 酔子

◎受け継いだDNAに胸を張り

日本の技術世界にはばたく   (松江)植田 延裕

           ◇

 純枝さんの句は、子どものころ暮らした田舎でしょうか。懐かしさが込み上げてきて、涙が出そうですね。名句だと思います。前句にもうまく付いております。

 好さんの句はどこのことかと思ったら、むかし新婚旅行で行った?別府温泉なのでした。

 おきなさんと酔子さんは、似たような親子関係を詠みながら、視点はまるで正反対。おもしろいものですね。

           ◇

 ではまた、今日の入選句を前句に選んで、それに長句(五七五)を付けてください。

           ◇

 11月30日は、今年最後のスペシャルの日。で、

  三次元より二次元の愛

という不思議な前句を預かっております。付句はこちらも長句です。

2017年10月26日 無断転載禁止

こども新聞