女子ログ 紅葉シーズン

 奥出雲町には奥出雲おろちループや鬼の舌震、絲原記念館、可部屋集成館など紅葉スポットがいくつもある。新潟にいた頃はわざわざ山間地へ見に行っていた紅葉が身近にあり、いつも感動する。

 さらにこの時季は新米や新そばも味わえるため、県内外から多くの観光客が訪れる。観光業に携わる私は観光客に奥出雲の秋を満喫して帰っていただきたいと思う。町単位でおもてなしの心をもち、「町民みんなが観光案内人」になれたら理想だがそうもいかない。

 というのも、町の魅力に気付いていない町民も多いように感じる。こんなにも素晴らしい環境の中で生まれ育ち、この景色が当たり前になってしまっているからだろう。

 そういうわけで、微力ではあるが有志3人でイベントを企画した。町の玄関口である奥出雲おろちループにある鉄の彫刻美術館を会場に、風景写真展や物産展、ミニ四駆特設コースなどを用意し、観光客も町民も気軽に立ち寄ってもらおうと考えている。

 町民が観光客を迎え、交流することで、町民だからこそ知っているスポットやおいしい物を観光客に伝え、町民も奥出雲の魅力を再認識できるのではないだろうか。地域活性化は町の魅力を知ることから始まると思う。この町の美しい風景が子どもたちの世代、さらにその先にも続くよう、できることに取り組みたい。

(島根県奥出雲町・えちご)

2017年10月27日 無断転載禁止