仮装ショーはいポーズ! ハロウィーン 親子ら280人楽しむ

ファッションショーでポーズをする子どもたち
 浜田市旭町今市の市民体育館で29日、恒例の「いまいちハッピーハロウィーン」があった。地元の子どもたちが自慢の仮装を披露するファッションショーが初めて開かれ、訪れた親子ら280人が楽しんだ。

 住民同士のつながりを深めようと、今市公民館などでつくる実行委員会が主催し、7回目を迎えた。

 子どもたちは、本場のハロウィーンさながらにディズニーのキャラクターや魔女、お姫さまの仮装をして参加した。館内に設けられたポイントを回り、「トリック・オア・トリート(お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ)」と声を掛け、クッキーやあめを受け取った。

 ファッションショーでは、親が手作りした物など自慢の衣装を身にまとい、かわいらしいポーズをした。来場者から盛んに拍手が送られた。

 悪魔に仮装した旭小学校2年の小林優聖くん(7)=浜田市旭町丸原=は「いろいろな仮装をしている人が多くて楽しかった」と満足そうだった。

2017年10月30日 無断転載禁止