秋の高校野球・中国地区大会 開星力負け4強ならず 山陰勢姿消す

【準々決勝・開星-下関国際】6回コールドで敗れ、肩を落としてスタンドへあいさつに向かう開星ナイン=福山市民球場
 来春の選抜大会出場の選考資料となる第129回秋季中国地区高校野球大会第3日は31日、広島県内2会場で準々決勝が行われ、開星(島根1位)は下関国際(山口1位)に0-10で六回コールド負けし、鳥取商(鳥取3位)も瀬戸内(広島3位)に1-10で大敗した。山陰両県勢はベスト4を前に全て姿を消し、中国地区3校の一般選考での選抜出場は絶望的となった。

 第4日は4日、広島県尾道市のしまなみ球場で準決勝があり、尾道(広島4位)と下関国際、おかやま山陽(岡山3位)と瀬戸内の顔合わせとなった。  


先制機逃し流れつかめず

 【評】開星は初回1死二塁の先制機を生かせず、六回まで5安打無得点。2投手が被安打11、10失点と崩れ、完敗した。

 初回は先頭杉本が右前打。犠打で二進したものの、3、4番が内野ゴロ。三回も、杉本中越え二塁打で2死二塁としながら後続が倒れた。

 投手陣は先発中村が初回2死一塁から先制2ランを浴び、三回には被安打5に、失策も絡み5失点。2番手の加納も四回から六回まで1点ずつ失った。

31日の成績

◯…福山市民球場…◯

 ▽準々決勝

下関国際 10-0 開   星

(山口1位)   (島根1位)

   (六回コールド)

◯…しまなみ球場…◯

 ▽準々決勝

瀬 戸 内 10-1 鳥 取 商

(広島3位)   (鳥取3位)

2017年11月1日 無断転載禁止

  • 47クラブ