黒曜石採掘 石器に加工 2原産地遺跡を確認 隠岐の島・久見

縄文時代に黒曜石の採掘、加工を行っていた原産地遺跡と判明した久見高丸遺跡=島根県隠岐の島町久見(島根県古代文化センター提供)
 島根県隠岐の島町教育委員会などは12日、同町久見の久見宮ノ尾遺跡と久見高丸遺跡が、それぞれ旧石器時代と縄文時代に黒曜石を採掘、加工した原産地遺跡であると発表した。当時の人々の行動を知る手掛かりになるという。

 黒曜石の原産地遺跡は険しい山あいにあるケースが多く、全国でも限られた場所でしか確認されていない。隠岐の島町では2、3例目になるという。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2017年11月14日 無断転載禁止