島根7連敗 Bリーグ1部

【第15戦・島根-滋賀】第3クオーター、島根のスコットがミドルシュートを放つ=ウカルちゃんアリーナ
 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)西地区5位の島根スサノオマジックは12日、アウェーのウカルちゃんアリーナ(大津市)で第15戦を行い、同3位の滋賀レイクスターズに69-78で敗れ、7連敗となった。通算4勝11敗で地区順位は5位のまま。滋賀は8勝7敗の3位。

 島根は前半はリードしたものの、後半は勢いに乗った相手の攻撃を止められず、前日に続き逆転負けを喫した。

 第16、17戦は18、19日、東京都の青山学院大青山キャンパス青山学院記念館で、松江市出身の広瀬健太が所属する東地区5位のサンロッカーズ渋谷と対戦する。

 ◇第15戦(12日・ウカルちゃんアリーナ、2103人)
滋  賀 78 12-14 69 島  根
8勝7敗    15-18    4勝11敗
        25-17
        26-20

滋賀の猛攻 後半止められず

 【評】島根は後半、相手の猛攻を止められず逆転を許した。

 32-27で迎えた第3クオーター、点の取り合いとなる中、ゾーンの相手守備を崩せずリズムが乱れた。守備への切り替えも遅れ、49-52とひっくり返された。

 最終クオーターは足が止まり、相手の攻撃をファウルで止める防戦が続いた。スコットのインサイド攻撃、渡辺の3点シュートなどで最後まで食らい付いたが、フリースローで突き放された。

2017年11月14日 無断転載禁止

  • 47クラブ