島根 惜敗で最下位 8連敗 Bリーグ1部

【第16戦・島根-渋谷】第2クオーター、島根の佐藤が3点シュートを決める=青山学院記念館
 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の島根スサノオマジックは18日、アウェーの青山学院記念館で第16戦を行い、東地区4位のサンロッカーズ渋谷に62-72で敗れ、8連敗となった。通算4勝12敗で大阪エヴェッサ、西宮ストークスと並び、当該チーム間の対戦成績により西地区5位から最下位に転落した。6連勝の渋谷は10勝6敗で、変わらず東地区4位。

 島根は粘り強い守備でロースコアの展開に持ち込んだが、50-52で迎えた最終クオーターに突き放された。

 19日の第17戦も、同記念館でSR渋谷と対戦する。

 ◇第16戦(18日・青山学院記念館、2215人)

SR渋谷 72 22-15 62 島  根
10勝6敗   15-20  4勝12敗
        15-15
        20-12

最終Q突き放される

 【評】島根は競り合いに持ち込んだが、最終クオーターにミスから崩れた。

 第1クオーターはリバウンドが奪えず7点のリードを許したものの、相手をフリーにさせない粘り強い守備から反撃。第2クオーター終盤、素早いパス回しから佐藤の3点シュートで33-33とするなど、競り合った。

 50-52で迎えた最終クオーターも立ち上がりは一進一退。渡辺が速攻から決め、54-56としたが、相手のシュートミスを挟んだ直後の攻撃で連係ミスからボールを奪われ、3点シュートで突き放された。その後は、相手の勢いを止められなかった。

2017年11月19日 無断転載禁止

  • 47クラブ