将棋JT杯、山崎八段が初優勝 豊島覇者下し

 山崎隆之八段(日本将棋連盟提供)

 将棋の日本シリーズ、第38回JT杯は19日、千葉市内で決勝戦が指され、山崎隆之八段(36)が豊島将之JT杯覇者(27)を破り、初優勝した。

 山崎八段は広島県出身で、森信雄七段門下。居飛車の本格派で、柔軟な発想による独創的な将棋に特徴がある。

共同通信社 2017年11月19日 無断転載禁止