藤井聡太四段が最年少50勝 将棋、公式戦通算勝利数

 将棋の王座戦1次予選で公式戦通算50勝目を挙げ、笑顔の藤井聡太四段=21日午後、大阪市の関西将棋会館

 将棋界最多の29連勝を達成した藤井聡太四段(15)は21日、大阪市の関西将棋会館で指された王座戦1次予選で平藤真吾七段(54)を破り、最年少の15歳4カ月で公式戦通算50勝目を挙げた。これまでは羽生善治棋聖(47)の16歳6カ月。

 藤井四段の通算50勝到達はプロ入り後1年1カ月。中学生でプロ入りした中では、最速だった羽生棋聖の1年3カ月を上回るペースとなった。

 昨年12月のデビュー戦で、現役最年長記録を持つ加藤一二三・九段(77)に勝ってから無敗を続け、今年6月に新記録を達成。7月には初黒星を喫した。公式戦は50勝6敗(未放送のテレビ棋戦は除く)。

共同通信社 2017年11月21日 無断転載禁止